海外旅行の必需品 おすすめ持ち物

海外旅行をお得に楽しむための情報てんこ盛り☆

アメリカ海外旅行に必要な持ち物はこれ


アメリカ旅行に行くならパスポートの有効期限が重要

出発の時から順を追って挙げていきます。先ずは出発空港で必要なもの、それは何と言ってもパスポートですよね。日本のパスポートは5年更新のものと10年更新のものがありますが、アメリカへ渡航する場合、いずれも有効期限まで90日以上の期間が残っていることが望ましいとされています。ですが、実際には残存有効期間が90日を切っていても大丈夫って知ってましたか?

実は、アメリカへ入国する際は滞在日数+6ヶ月のパスポート残存有効期間が必要という基本規定があるのですが、日本はこの規定を免除されている国なので帰国時までの有効期間があるパスポートなら大丈夫です。但し、なんらかの事情やトラブル等で帰国が遅れる可能性を考慮して、残存有効期間90日以上が望ましいとなっているようです。

1人旅行なら多少の余裕期間が残っていれば大丈夫だと思いますが、家族旅行の場合には家族全員分のパスポート有効期限チェックが必要になりますね。

アメリカ海外旅行に必要なものESTA(エスタ)の申請は必須

次に必要なのは、ESTAです。ESTA(エスタ)とは90日以内の旅行者に発行される電子渡航認証システムのことです。一般的にアメリカに入国を希望する場合は非移民ビザを取得している必要がありますが、日本はビザ免除国なので長期の渡航でない旅行者の場合は、この非移民ビザの代わりにESTAの申請が必要になります。

ESTA(エスタ)はオンラインで取得することができ、1人に付き14ドルの申請手数料が必要ですが、ESTA申請代行会社経由の場合は5000円位の費用になってしまいます。申請する内容は同じなのでオンライン申請がおすすめですが、代行会社のサイトは公式サイトに良く似て作られているので間違えないようにしないといけませんね。念のため、公式サイトのURLを載せておきますのでご参照ください。

【ESTA申請公式サイト】はこちら

ちなみに、オンラインで申請する場合、特に問題がなければ申請後10分位で許可が下りますが、全て英語での申し込みになるので、万が一のことを考えて早めに申請しておきましょう。また、ESTAの有効期限は2年間となっていますので、パスポートの有効期限も考慮しながら2年以内にアメリカに再訪する計画を立てると効率的だと思います。申請したESTAの有効期限が分からなくなった場合は、上記のESTA申請公式サイトでパスポート情報を入力すると確認できます。

アメリカ海外旅行の機内持ち込みおすすめ持ち物

さて次は、機内に持ち込むおすすめの持ち物です。日本からアメリカへのフライトは西海岸のロサンゼルスまで約10時間、東海岸のニューヨークまでだと約13時間かかります。この長時間のフライトをいかに快適に過ごせるかが、良い旅行にするための重要ポイントになります。

先ずは、服装です。機内ではどうやってリラックスするかを最優先で考えないといけません。身体を締め付ける服装はNGなのです。リラックスできる服装といえば真っ先に思い浮かぶのはパジャマでしょうか?でも機内は公共の場なので、さすがにパジャマを着るわけにはいきませんね。そこで、フリース素材でゆるいゴムの入ったパンツとTシャツとか、スウェットの上下のようなルームウェアがおすすめです。あまりパジャマ感のない、ちょっとコンビニ行くときに着るような服装が良いと思います。ワンマイルウェアと呼ばれるものですね。

そして次は足元です。長時間座りっぱなしになるので、どうしても脚はむくんでしまいます。靴を履いたままではリラックス出来ませんし、トイレに行くときにも靴を履くのは面倒ですよね。そこでおすすめなのが簡易スリッパです。使い捨てのものでもいいですし、少ししっかりしたものならホテルでも使うことができますから、用途によって選ぶといいですね。

それから、長時間のフライトの必需品と言えばなんといってもネックピローですよね。以前は空気を入れて使うエアータイプのものが主流でしたが、最近は腰枕としても使える比較的しっかりした作りのものや、膝の上に乗せてうつ伏せ寝ができるタイプの大きなものまで色々と揃っていますので、きっとあなた好みのものが見つかるでしょう。

機内では、できるだけ身体を休めたいので寝れるだけ寝ていたいですが、その時にマスクがあると心強いですよ。機内の乾燥から喉を守ってくれますし、熟睡して口が開いた間抜けな顔を隠すことができます。

大人の場合は機内のモニターで映画を見たり、音楽を聴いたり、本を読んだりしていたら、あっという間に到着してしまうかもしれませんが、子供の場合はそれだけでは飽きてしまうかもしれません。普段使っている携帯ゲーム機を持ち込めば、お子さんも上機嫌でフライトを楽しめることでしょう。

そして、機内持ち込みのおすすめ最後はボールペンです。機内では入国カードや税関の申請書を書く時間がありますが、機内で記入が終わっていれば入国審査をスムーズに受けることができますので、ボールペンは必ず持って行きましょう。もし忘れてしまった場合は、CA(キャビンアテンダント)さんに聞いてみましょう。画像はニューヨーク行きのANA機内で頂いたものですが、同じものを頂けるかもしれませんよ♪

アメリカ海外旅行に変圧器と 変換プラグは必要?


アメリカ旅行に電化製品を持っていく際に気になるのが変圧器と変換プラグのことですよね。先ず、変換プラグについては、アメリカと日本はコンセントプラグがAタイプで同じ形状をしているので大丈夫なんです。問題は変圧器の方ですね。日本の電圧は100vに対しアメリカの電圧は基本110〜120vです。

この10~20vの差が微妙なところでして、日本の電化製品をアメリカで使うことは不可能ではないのですが故障の原因になることが指摘されています。安全性や故障の原因になることを考えると、やはり変圧器は持っていった方が良いと思います。旅行用の電化製品というとドライヤーや電気シェーバーなどだと思いますが、100v用の製品を110~120vで使用して故障した場合は保障の対象にならないので、お気に入りの電化製品ならなおさら変圧器は持って行きましょう。

実は、旅行者の間では良く知られていることですが、全世界対応の電化製品というものがあります。その代表がアップル製品です。iPhoneやiPadやMacなどは100V~240Vの電圧に対応しているので全世界で変圧器なしに使えます。もし、アメリカに持っていく電化製品がアップルのiPhoneやiPadやMacだけの場合は変圧器は不要ということになりますね。

ポケットwi-fi

アメリカはフリーwi-fiが充実している国なので日本からwi-fiをレンタルして行かなくても大丈夫だという意見もありますが、フリーwi-fiは電波が不安定なので実際には使えないことも良くあります。もし地図アプリやSNSアプリをストレスなく使いたいと思う場合は、やはりポケットwi-fiは必須の持ち物になると思います。アメリカのフリーwi-fi事情についてはこちらの記事に詳しく書いてありますので参考にしてみてくださいね。

初のアメリカ海外旅行でレンタルwifi(ワイファイ)借りるべき?

アメリカ海外旅行持ち物リストのまとめ

1.パスポート

2.ESTA(エスタ)の申請

3.ワンマイルウェア

4.簡易スリッパ

5.ネックピロー

6.マスク

7.携帯ゲーム機

8.ボールペン

9.ポケットwifi

このリスト以外のアメリカ旅行に必要な便利な持ち物についてはこちらの記事をどうぞ♪

良い旅を♪