海外旅行の必需品 おすすめ持ち物

海外旅行をお得に楽しむための情報てんこ盛り☆

アメリカ海外旅行の準備をしよう


アメリカ海外旅行の準備の手順

アメリカ旅行が決まったら、先ず最初にすることはパスポートの準備とESTA(エスタ)の申請です。こちらについてや機内で必要なものについては別記事にまとめていますので、こちらの記事を合わせてご覧ください。

アメリカ海外旅行に必要な持ち物はこれ

アメリカ旅行に最適な鍵(TSAロック)が付いたスーツケース

アメリカはテロ対策のために厳重な荷物検査をしている国です。特に9.11以降は旅行客の預け荷物のスーツケースを開けて中身を確認します。その荷物検査のため、基本的にはスーツケースに鍵を掛けてはいけないことになっているのですが、TSA(アメリカ合衆国国土安全保障省の運輸保安庁)が認定したTSAロックという鍵については、検査官がマスターキーを持っていて解錠することができるので鍵を掛けても大丈夫とされています。

もし、TSAロック以外の鍵を掛けていた場合その鍵は壊しても良いという規定がありますので、アメリカ旅行へ行くことが決まったらTSAロックが付いたスーツケースを準備しましょう。スーツケースでない鞄の場合には、TSAロック南京錠やワイヤー式のTSAロックもありますので、探してみると良いでしょう。

但し、TSAロックで施錠しても良いとされているにも関わらず、TSAロックのみで他に鍵を掛けてなかった場合でもTSAロックを壊してスーツケースを開けられていたという状況が起きて問題になっていますし、TSAロックを解錠して荷物検査した後、再施錠してくれなかった場合には、そのTSAロックは鍵としては使えない状態になってしまう仕組みなので、預け荷物を受け取ったときには必ず施錠の状態を確認しましょう。

万が一、再施錠されていないことが分かったらTSA職員に再施錠をしてもらわないといけなくなりますし、そうなると、問題が解決するまでの時間をロスすることになってしまいます。観光の予定を変更せざるを得ない事態になってしまっては残念ですので、万が一のことを考えて、空港で荷物を預ける時にはTSAロックは施錠しない方が得策だと思います。

アメリカ旅行に行くなら海外旅行保険に加入するのをおすすめする理由

先ず、1番に挙げられるのは、日本と違ってアメリカでの治療費は保険が効かないため高額になるからという理由です。外務省のホームページを見ると実際に請求された事例が載っていますが、例えば盲腸(急性虫垂炎)で入院手術した場合に約700万円、骨折して手術した場合で約150万円、なんと貧血で2日入院しただけで約200万円という事例があるそうです。そして極めつけは、自然気胸で入院(手術無し)の場合に約800万円という事例です。この自然気胸という病気は最近知人が突然掛かって入院したことを知っているだけに、他人ごとでは無いことをひしひしと感じてしまいます。

2番目の理由として、海外旅行傷害保険の補償には海外旅行ならではの独特な内容の補償があります。1つめは、万が一、事故や病気で動けない状態になってしまった時に、できれば日本から身内に付き添いに来てほしいと思いますよね?そんな時の為に救援費用を出してくれる補償があるのです。この補償があるのと無いのとでは安心感が全く違いますので、かなり重要なポイントです。

そして3番目の理由は、物に対する補償があることです。例えばショッピング中にバッグが引っ掛かって商品を壊してしまった場合、それが高額のものならかなりの金額を賠償しなければいけませんが、そんな時には賠償責任補償が受けられます。また、例えば、沢山の思い出を残すためにお気に入りのカメラを持って行ったけれど、うっかり落として壊れてしまった場合は携行品損害の補償を受けられます。旅先でのうっかりを補償してくれるのは有難いですね。

4番目は、ロストバゲージが起きた時に補償が出ることです。海外では預けた荷物が失くなってしまうことは意外と良く聞く話です。そんな時、航空機寄託手荷物の補償があれば多少なりとも損失が補填されるのは嬉しいですよね。乗り継ぎの際に荷物が間に合わないなんてことも良くありますが、そんな時は、手元に荷物が届くまでの間に必要になったものを購入した費用が補償されます。もし、そのような場面になったら、その場で航空会社へ申請をして、申請した控えと新たに購入したもののレシートを提出しましょう。

そして最後に挙げる理由は、飛行機が遅延してしまった時の補償です。飛行機が少し遅れるくらいなら特に問題は無いですが、遅延した上に当日便への振替も出来なかった場合、現地で宿泊しなくてはいけなくなってしまいます。予定外の宿泊費用が発生するのは精神的にもイタイですよね。そんな時の費用を保障してくれるのが航空機遅延費用補償です。

どれも起こって欲しくはないですが、万が一、上記のような事態が起きた時には、すぐに保険会社に連絡して必要な書類を準備しましょう。

アメリカ海外旅行にクレジットカードは必須?

すでに常識のようになっていますが、アメリカはカード社会です。大抵のものはカード決済ができるので、現金を持ち歩く危険を考えたら、現地での決済は全てカードで行うくらいの気持ちでいる方が健全だと思います。カードの種類はいくつかありますが、世界中で使えるのはVISAカードとMasterカードです。万が一、読み込みできない等のエラーが出ると困るので、クレジットカードは2枚以上持って行くようにしましょう。私のおすすめはVISAカードとMasterカードを1枚ずつです。もし、もう1枚持っていく場合にはVISAかMasterどちらかのカードを追加すると良いと思います。

アメリカ海外旅行に行く際、米ドルに両替して持っていくお小遣いはどれくらい必要?

これは結構悩むところですが、基本的な決済はカードでするにしても、米ドルが必要になる場面は必ずあります。例えば、チップです。アメリカではサービスを受けたらチップを渡す習慣がありますが、たぶん一番最初にチップを渡す場面はホテルに着いた際、出迎えてくれてフロントまで荷物を運んでくれるスタッフへ渡すものでしょう。荷物1個に付き1ドルくらいが相場と言われているので、持参する荷物の数だけの1ドル札が必要になります。そして翌日出掛ける際には、ベッドメイクしてくれるスタッフへのチップ、1人に付き1ドルくらいが必要になりますので、人数分の1ドル札を持っていないと困ります。

もし、1ドル札の持ち合わせがなく10ドル札以上の紙幣しかない場合は到着した空港で少額の買い物に使い、そのお釣りで1ドル札を確保することもできます。但し、沢山の1ドル札を得るために不要な買い物をするのでは本末転倒になってしまいますので、チップ分の1ドル札は事前に準備しておく方が賢明です。チップ分の1ドル札に少額をプラスした金額の米ドル(できるだけ少額紙幣)を日本で両替して持って行くか、到着した空港で両替して準備しましょう。

基本的にはカード決済で賄えますが、もし現地で現金が必要になった場合はクレジットカードでキャッシングすることが出来ます。手数料も高額ではないので、予定外に現金が必要になった場合は両替ではなくキャッシングすることをおすすめします。ATMは街中に沢山ありますが、利用する際は必ず周囲の安全を確認しましょう。もちろん夜間のATM利用はNGです。

まとめ

1.スーツケースはTSAロック付きのものを準備する

2.海外旅行保険に加入する

3.クレジットカードを2~3枚(VISAかMaster)準備する

4.米ドル(1ドル札)を準備する

良い旅を♪