海外旅行の必需品 おすすめ持ち物

海外旅行をお得に楽しむための情報てんこ盛り☆

3回のアメリカ旅行で必要だったもの

現在53歳の女性でフリーランスをしています。25歳の頃初めてアメリカに海外旅行に行き、その後2回アメリカに旅行しました。最初のアメリカ旅行は新婚旅行で、2回目は家族6人で、最後は3人で行きました。

マヨネーズ、塩、醤油

アメリカ旅行中、なんといっても食事にはなかなか馴染めませんでした。米を食べない文化の国ですから、主食の米がないのにかなりの抵抗を感じました。マクドナルドのパンや飲みもののサイズが大きくて、すぐにお腹がいっぱいになります。1回の食事量は日本食より多いのは間違いありません。もし手持ちのカバンに入るなら、マヨネーズと塩を持って行っても良いかと思います。すし屋でもらう醤油なんかも便利かもしれません。

カップ麺、レトルトご飯、焼きそば

旅行中は初日から日本食が恋しくなりましたので、スーツケースには、カップ麺やレトルトご飯や焼きそばも、持って行くと良いかもしれません。とにかく毎日食べているものは、なんとか工夫して持って行くと安心です。

アメリカにも勿論日本食のお店はあります。お米やうどんも食べられますが少々割高で、本場の日本食とは少し違うような気がしました。水と空気の違いかもしれません。運よく日本人経営の日本食店に入ったら英語を使わなくてよいから安心です。

普段食べてる日本のお菓子

後、お菓子なんかも、添加物が多く含まれていそうなものが多いので、ポテトチップスとか冬なら少しのチョコレートを持って行っても良いです。普段食べてる日本のお菓子を持ってきているという安心感だけで余計な緊張がほぐれると思います。

チップ用の細かいお金

アメリカにはチップの制度があります。日本人はお金を持っていると思われがちで、チップを貰おうとあからさまなサービスをしてくる店員さんがいます。楽しければ問題ありませんが、普段のチップよりはずまないといけません。トラベラーズチェックでの支払いや、簡単に100ドル札や50ドル札を出すとおつりが返ってきませんでした。めんどくさいようですが、お金は細かく用意したほうが良いです。レシートにチップ代金を書く欄がありますので活用しましょう。

宿泊先のホテル名と住所や電話番号

海外旅行で心配なのは迷子になることです。家族で旅行した時は子供が小さかったので、それぞれの子供に宿泊先と宿泊先の電話番号を書いた布を腕に結んでいました。迷子ちゃんバンドと呼んで子供の腕に巻き付けておきました。実際にはホテルに帰る方向が大人も分らなくなって、この迷子ちゃんバンドが役にたちました。現地の宿泊ホテルと旅行会社から案内されたホテルの住所が違っていたのです。たまたまラッキーでタクシーの運転手が日本語わかる人だったので助かりましたが、宿泊先のホテル名と住所や電話番号は、現地で確認することをお勧めします。