海外旅行の必需品 おすすめ持ち物

海外旅行をお得に楽しむための情報てんこ盛り☆

ニュージーランドに1か月半滞在して森林保全活動と植林

こんにちは、35歳主婦でアメリカ在住です。10年以上前に大学のNGOグループ(10人ほど)でニュージーランドに渡航しました。目的は山の森林保全活動と植林です。日本の富士山クラブとニュージーランド国立公園事務職と協力しての活動でした。観光ではなく、ボランティア目的なので滞在期間は1か月半でした。

洗濯物干しハンガー、紐、洗濯板

実際に生活してみて、感謝したのは洗濯物干しハンガーとそれをつるす紐、それに洗濯板です。観光でしたら洗い物は帰国したときにまとめて洗えばいいと思われますが、1か月半の滞在で生活している状態でしたので、洗い物は処理しなくてはなりません。着るものもなくなってしまいますし、異臭漂う服は着心地よくないですので…。しかし滞在時のロッジには洗濯機はおろか乾燥機もありません。そこで活躍したのが洗濯物干しハンガーとそれをつるす紐、洗濯板です。

まずは洗濯板で大きな樽に入った水と汚い洗濯物を根気よく洗います。洗剤も日本から持参した携帯用パック洗剤です。なかなか汚れは落ちませんが、キリがないのでだいたい10~15分くらいで終えます。すすぎも同じ樽のなかで水を変えて行いました。すすいだような感じには見えませんが、とりあえずここで終了です。あとは紐を部屋中に張り巡らせて、簡易的に物干しざおのようなものを作り洗濯物干しハンガーで洗ったものを干します。なぜ外に出さないのかというと、ロッジは山の麓にあり、雨が突発的に降りましたので日中活動している我々は常に洗濯物をしまえるわけではなかったためです。ですので、室内干しになって湿気も臭いもたちこめてしまい、あまりクリーンなロッジではありませんでしたが、着るものに関してはこのようにしてなんとか連日対応することができました。ロッジもまた木でできていましたので、すごい不快度が高いわけではなく、ある程度は湿気も臭いも木のおかげで吸収?され木のよい匂いも漂いました。

今回購入したこの洗濯物干しハンガーとそれをつるす紐、洗濯板(あと携帯用洗剤パック入)はどれも日本の100円ストアで購入することができます。ニュージーランドのボランティアグループも一緒に活動していましたが、彼らは郊外に家がありロッジに一緒に住んだわけではありません。ですので、洗濯物には困っていませんでしたが、我々の洗濯板などを見ると不思議そうに「これは何?何に使うの?」と聞いてきました。今まで見たことがないというのです。

このように、多少不便な生活でしたが日本の古い文化も知ってもらえたし、何より若者である我々も昔の人と同じ生活を体験できたということで、結果的にはまあ良かったのかなと思っています。最近の海外旅行先ではこのような洗濯はしないと思いますが、長期滞在の方などは少なくとも現地の洗濯事情を確認したうえで渡航されることを推奨します。