海外旅行の必需品 おすすめ持ち物

海外旅行をお得に楽しむための情報てんこ盛り☆

カンボジア 5日間の母娘2人旅

38歳女性、現在は主婦をしています。旅行先はカンボジア。旅行日数は5日間です。母が勤続周年で旅行券をもらったので、母と娘(私)の2人で親子旅行をしました。

圧縮袋

海外旅行の持ち物としておすすめなのは、ズバリ圧縮袋です。旅行先がカンボジアだから必要というよりか、海外旅行のバックパックに必ず役立つものなのでどの海外旅行先でも持っていった方がいいです。過去に旅行好きの友人と一緒に旅行をした時、その子が圧縮袋を持参していて上手にパッキングをしていました。

圧縮袋は掃除機不要のものを選ぶのがコツで、荷物を入れて端からくるくると巻いていくと弁から空気が抜けて圧縮できるタイプのものが100均でも売っています。私はダイソーで購入しました。掃除機がいらないものかを確認して選ぶようにします。訪れたダイソーでは、サイズ違いでいくつか種類があったので、大きめサイズを中心に小さいものも買いました。圧縮袋だけを持っていくのもいいですし、圧縮袋の中に洋服やタオルなどスーツケースに入れる布類を入れていくと省スペースになり助かります。

カンボジアの旅行で圧縮袋が助かったと思ったのは、おみやげを購入する時です。アジアン雑貨が好きな親子なので、シルクのスカーフは購入しようとおみやげリストに入っていました。日本に比べてアジアではシルクスカーフやパシュミナ、ストールがかなり安く買えます。現地のコーディネーターに安く買えると評判の市場内のお店に連れて行ってもらったのですが、日本人と見ると「10枚買わない?」とまとめ買いをおすすめされます。最初は「10枚も買うの?業者じゃないしそんなにいるかな?」と迷ったのですが、親子2人で購入して、姉にプレゼントして、会社の人や親族にも配るなら10枚も買ってもいいように思いました。

ただ、シルクストールも10枚だとボリュームもすごいのですが、多少はシワになることを覚悟して圧縮袋に入れてくるくる巻いて収納。そうすることで会社の人たちへのばらまきおみやげのクッキー、お酒などのおみやげのスペースもまかなえます。カンボジアでは過ごしやすく、長袖シャツは日焼け防止くらいであとはTシャツとズボンといったように洋服はそこまで多くなかったのですが、着用後の洋服も圧縮袋に入れて持ち帰ったため、荷物もコンパクトでした。過去に友人と旅行の時は冬だったのでセーターにシャツにと洋服も多く、圧縮袋が大助かり。友人いわくスキーの時にもスキーウェアを圧縮袋に入れるとかなり活躍するのだそうです。