海外旅行の必需品 おすすめ持ち物

海外旅行をお得に楽しむための情報てんこ盛り☆

プエルトリコ・サンフアン 1週間の1人旅

21歳学生男子です。プエルトリコのサンファンへ旅行したことがあります。みなさんは『プエルトリコ』と聞いて、どういった場所を想像しますか?『カリブの海賊』『透き通ったビーチ』『野球の強い国』という感じでしょうか?そもそもどこにあるのか分からない方も多いかもしれません。実は、プエルトリコは世界有数のリゾート地なのです。そんなリゾート地で快適に過ごすための2つの準備を今回ご紹介したいと思います。

多めの服

まず一つ目が、多めの服です。プエルトリコは中米に位置しており、気温が高く日差しも非常に強いです。そのため、少し外を歩いただけ大量の汗が噴き出てきます。女性や汗っかきの方にとっては、1日同じ服を着ているのは大変苦痛になると思います。実際、私は1週間滞在したのですが、多い日には1日4着の着替えが必要で、公衆トイレを見つけては着替えをしていました。

これを聞くと、「荷物を増やしたくない!」「着ていくオシャレな服を沢山持ってない!」などと思う方が大半でしょうか?服を大量に持っていかなくてもよい手段として、ランドリーや現地調達などが挙げられます。滞在先のホテルやホステルに洗濯機が設置されている場合もありますが洗剤やコインが必要になり、それらを早急に用意できない事も考えられます。現地調達も可能ですが、ショッピングストリートや有名アパレルショップ等は見つけることが比較的難しいので、やはり前もって準備して行くことをお勧めします。常夏のリゾート地ということもあり現地の方や他のツーリストも質素な服装をしている方が多いので、例えば、経済的にも優しいユニクロやGUで大量購入してはいかがでしょうか?

”Uber”というタクシーアプリ

もう一点、旅を快適にするものは”Uber”というタクシーアプリです。もうすでにご存知の方もいると思いますが、”Uber”とは、一般の方がドライバーとなり自家用車でユーザーをピックアップしてくれるサービスです。車を要請する時も、アプリを開き目的地などを簡易的に条件設定するだけで簡単にライドできます。また、料金も一般のタクシーより比較的安いのでおススメです。同サービスとして、”Lyft”というアプリもあるので、興味のある方は調べてみてください。

プエルトリコは公共交通機関が整っておりません。電車やバス等限られたルートしかなく、移動が大変不便です。タクシーは普通に走ってるので、お金に余裕がある方はタクシーを利用すれば良いのですが、少しでも節約したいと思われる場合は、”Uber”や”Lyft”のサービスを利用するのはマストになってきます。

知らない人の車に乗るのが怖いと感じる方も多いと思いますが、プエルトリコのドライバーは誠実で気さくな方が多い印象でしたので心配しなくて大丈夫だと思います。私は、中南米の各地で”Uber”を利用して来ましたが、プエルトリコの方々が最も良い人だと思いました。

以上の2点があるだけで、プエルトリコでの生活ががらりと変わるので、ぜひ参考にしてみてください。