海外旅行の必需品 おすすめ持ち物

海外旅行をお得に楽しむための情報てんこ盛り☆

新婚旅行でイタリア(ローマ、ミラノ、フィレンツェ)、フランス(パリ)にいってきました。

現在、専業主婦をしている30代女性です。これからヨーロッパ(特にイタリア、フランス)旅行に行かれようと考えていらっしゃる方に是非持っていって頂きたいものがあります。私は新婚旅行でイタリア(ローマ、ミラノ、フィレンツェ)、フランス(パリ)にいってきました。14日間の日程で、合計10組20名のハネムーンツアーに参加した経験が少しでも参考になれば、幸いです。

日焼け止めは必須

私が訪れたのは、6月だったのですが、気候が真夏日のように、大変暑く、うっかり日本と同じようなケアで1日観光旅行に回ったら、一発で真っ赤なヒリヒリした日焼けをしてしまいました。

なにはさておき保湿

慌てて、その晩、たっぷりと保湿を心がけましたが、通常の肌に収まるまで数日かかりました。日本のようにお風呂もないので、ほとんどシャワーで済ませることも多かったのですが、水質の違いもあり、肌が乾燥してしまうことが多かったので、ドラッグストア等で売られている大容量のシートマスクと日焼け止め、保湿クリームを持参されることをお勧めします。日本よりよ日差しが強く、ちょっとの油断で保湿ケアを怠ってしまうと、後々のシミやソバカスなどの原因にもなってしまうので、国内のケアにプラスαのケアをするつもりで、用意していくといいと思います。

腰痛持ち

また飛行時間が長いので、機内で仮眠をとると思うのですが、腰痛持ちの主人は長時間同じ体勢でいると、腰回りの筋肉が固まってしまい、ひどい時はぎっくり腰などにつながってしまうため、空気で膨らませるタイプの腰あてが必須でした。場所を変えて、首あてや肘置き等にも使えますし、使わない場合は、空気を抜いてコンパクトにたためるので、かさばりません。東急ハンズなどで1000円程度で売っています。もっと厚みが欲しい時は、機内で貸してくれる毛布などをクルクルと巻いて、腰の後ろに置くと、なお負担が軽減され、楽だと思いました。

思い出を写真で残す

また、沢山思い出の写真を撮ると思うので、カメラの充電器とその国に対応できる変電圧器も忘れずに持参してくださいね。我が家はデジカメ2台にビデオカメラを一台持っていきましたが、帰る頃には充電がほとんどなくなり、電圧器のお世話になりました。

観光スポットのトイレは汚い

また、観光スポットやホテルのトイレが汚く、トイレットペーパーなどがない場合があるので、ポケットティッシュや除菌できるウエットティッシュなどはまとめて持っていかれるといいです。海外旅行に行ってみて、文化や歴史など沢山学ぶと同時に、日本の観光地の清潔さやおもてなしの心など、改めて日本の良さも感じました。