海外旅行の必需品 おすすめ持ち物

海外旅行をお得に楽しむための情報てんこ盛り☆

スイス5泊7日 女子1人旅

旅人には2パターンいて、ほとんど荷物を持たないような状態で、どこへでも行って、現地でそれなりに購入したり捨てたりしながら身軽に旅をする人と、あらゆる状況を想定して万全の備えで旅に向かう人がいる。私はどちらかというと後者の人間である。海外旅行に行くときは、現地の人と交流したいので基本一人旅行。40後半となると女一人旅でも下心のある人物との遭遇の確立が減るので、OLしながらたまの休みにはいろいろな人の考えに触れるために旅に出る。私が旅に出るときに持っていくものは、行先での目的によっても違うが、旅を快適にするためのグッズはほぼ同じである。

容量300mlぐらいのペットボトル

例えばスイス5泊7日(途中機内泊含む)に行ったとき、どの経路を使ったとしても長時間のフライトとなるので、飛行機に乗ったら座席と首の隙間を埋めるために枕を使う人が多いが、膨らませるタイプはビニール臭がしたり、フォームが入ったものだと快適だが機内だと熱がこもったり、かさばってしょうがないので、「容量300mlぐらいのペットボトル」を持参する。海外にこのサイズはなかなかないのと、いざというとき水筒になるし、少しでも旅支度を減らすには絶好のアイテムである。

薄手の大判ストール

それ以外には「今治タオルの薄手の大判ストール」寒いのが苦手なので、飛行機の中でも、ヨーロッパの長距離電車の中でも役立つし、一見おしゃれなので劇場などの見学にもおしゃれに羽織れるし、いざとなるとバスタオル代わりにも使えるのに、すぐ乾く。

化粧用オリーブオイル

もう一つは乾燥対策のため、「「井上誠耕園」のオリーブ化粧品セットの旅行用のセット」スイスに住んでいる友達に、「ともかく乾燥する」と聞いていたので、イタリア旅行の際のことを思い出し持って行ったが、これは本当に正解だった。夏のスイスはカラッとしていて、気が付くと髪の毛までぱりぱりしている感じがして、敏感肌の私はオリーブオイルを髪にも膝の後ろや首の周りなど、アレルギーが出やすいところを含めてほぼ全身に塗るようにした。日焼け止めも大事だと思うが、ともかく乾燥するので一日目腕の表面が乾燥してピリピリしたのでまずいと思い朝晩塗ることにした。旅行用のセットの保湿用ジェルなどは小さいのでフライトの時も機内に持ち込んでしのいだ。

3Dの花粉用マスク

それと、機内用にもっていった「3Dの花粉用マスク」が、ホテルの部屋の乾燥から就寝時の喉を守ってくれた。

オペラグラス

そのほか、スイス旅行用に持っていったお役立ちグッズは「オペラグラス」である。スイスの主な目的といえば登山鉄道なので、絶景をよりハッキリ見たかったからで、アイスメーア駅で氷河を見ていると、地元の人にも「ちょっと貸して」と言われ、車内でも「その手があったか」といろいろな人に言われた。車窓から見る山並みは迫力満点だが「山を見たい」と言って観光に来ている人が多い割には、皆さん持っていなくて正直意外な気がした。

非常食

そのほか、スイスは物価が高くて、おいしいものが少ないと聞いていたので、非常食として「フリーズドドライの卵スープとおかゆの素」を何種類か持参したが、基本現地のものを食べるのを常としているものの、残念ながらパン食が合わない自分には、おかげで適当に夜食にしたりして快適に過ごせた。