海外旅行の必需品 おすすめ持ち物

海外旅行をお得に楽しむための情報てんこ盛り☆

タイ海外旅行にwifiルーターはいる?いらない?

タイ海外旅行にwifiルーターはいらない?

3月に中学を卒業した娘とタイへ旅行に行くことになりました。旅行先をタイにした理由はただ1つ「母娘で象が好き」だからです。日本では動物園でしか見ることはできませんが、タイには象と触れ合えるアクティビティーが沢山あるからです。行き先と目的は決まったけれど、初めての母娘2人旅なので何を準備していいのやらさっぱりでしたので、ガイドブックを読んだりネットでいろいろ調べているうちに「wifiをどうしようか?」という問題につきあたりました。そもそもタイ旅行にwifiは必要なのだろうか?wifiが無ければ何に困るのだろうか?

ツアー旅行ならwifiルーターは必要?それとも必要ない?

今回の旅行は、娘が中学を卒業する記念にと計画したものです。うちは母子家庭なので私と娘が一緒に旅行するならば家でお留守番する人は居ないということになり、日本に残した家族の心配をする必要は基本的にありません。なので、海外旅行中に頻繁に国際電話を掛けて家族の状況を確認し合う必要が無いのです。

今回の旅行は初の母娘2人旅なので、安心を買って日本の旅行会社のツアーに参加することにしましたので、「万が一のことがあった場合は、添乗員さんに相談すれば何とでもなるんじゃないか?」という楽観的な気持ちもあります。でも、どちらかと言うと完璧主義で心配性な私は「備えあれば憂いなし」が好きな性分なので、「万が一に備えてwifiルーターを持っていく」という選択も有りですが、必要ないものに費用を掛けられるほど余裕のある生活をしている訳ではないですから、ここはしっかりとリサーチをしたいところです。

アプリでLINEとfacebookするならwifiレンタルするべき?

今回のタイ旅行では、日本への国際電話は「万が一のことがない限り掛けない」ということにするので、それ以外に使用する可能性を検討してみたいと思います。先ず、普段良く使っているスマホの機能は「LINE」「facebook」「skype」「chatwork」「gmail」「カメラ」「google」アプリという感じですが、このうちの「skype」「chatwork」「gmail」アプリについては仕事関係がメインなので、旅行中は基本使わないことに決めました。そして「カメラ」機能もwifiは関係ないですよね。

さて問題は「LINE」「facebook」「google」アプリの3つですが、これはどれもインターネットへの接続が必要なので、海外で使用するならwifiが必要ということになりますね。じゃあ、どれくらいの頻度でこれら機能を使うのか?を考えてみます。先ず、ラインやフェイスブックなどのSNSについてはホテルのwifiや街中の公衆wifiスポットでのみ使用することにすれば大丈夫。そして、何か知りたいことがあった時に検索するためのグーグルも、基本的にはホテルに居る時に調べることにして、外出中に分からないことが出てきたら添乗員さんに聞くという手段で何とかなりそうですね。では、ホテル以外にあるwifiスポットは街中にどれ位あるのでしょうか?

タイのフリーwifiスポットは?

では次に、滞在するホテル以外で利用できるタイのフリーwifiスポットを調べてみることにしましょう。調べてみると、なんとタイは日本よりずっと街中のwifiが充実していることが分かります。先ずは到着した空港でフリーwifiが使えます。タイの主要国際空港は「スワンナプーム国際空港」と「ドンムアン国際空港」ですが、1日2時間まで使えるので、到着した日と帰国日にそれぞれ2時間は無料でwifi通信を使えるということになりますね。

そして何といっても驚いたのはタイ政府が率先してフリーwifiを提供していることです。タイは世界中で人気の観光地なので、タイの国民だけでなく観光客の利便性を合わせて追及してくれているようようで、初めてタイを訪れる観光客の1人としてとても嬉しく感じました。

タイ政府が提供しているのは「Free Public WiFi」と呼ばれるもので、学校や病院などの公共の施設の他、有名な観光地等でも使えるフリーwifiなんだそうです。このFree Public WiFiを使うにはパスポート番号で登録することが必要なので、現地に行ってみてどうしても使ってみたいと思ったら選択するのも有りですね。ちにみにこのFree Public WiFiも1日2時間の利用制限があるようです。


次に、街中にあるwifiの代表は誰でも知っているマクドナルドやスターバックスになるでしょうか。マクドナルドやスターバックス等のチェーン店は日本と同じで、何か注文するとwifiのパスワードを貰えるスタイルなので、マックやスタバに慣れてる日本人にとっては使いやすいフリーwifiだと思います。また、その他のカフェでも基本的にはフリーwifiがあるようなので、wifi使いたくなったらカフェに入って休憩するというのもいいかも知れません。

そして一番頼りになりそうなwifiスポットが、大きなショッピングモールのフリーwifiです。フリーのwifiは電波が弱く繋がりにくいのが一般的なのですが、その中でもショッピングモールのwifiは比較的強めの電波が使えるようなので、強めのwifiを使いたい場面が出てきたら試してみたいところです。

セキュリティ第一ならフリーwifiでやってはいけないこと!

さて、ここまでフリーwifiが普及しているタイへの旅行なら、わざわざ日本からwifiルーターをレンタルして行く必要はなさそうだという結論になりましたが、もしかしてフリーwifi通信でやってはいけないことがあるのでしょうか?

そうなんです。一番大事なことを忘れていました。インターネットを使う上で大事なこと。それはセキュリティです。安全に使うことが出来るのかどうかが一番大事になってきますよね。実はフリーwifiの一番の弱点がセキュリティの弱さなのです。

無料で使えるということは、フリーwifi通信を使っている人の情報もフリーになるということなのです。例えば、海外旅行中に「楽天がセールを始めたから、前から買いたかった商品をセール期間中に買っちゃおう!」と嬉々として楽天にログインすると、そこで入力したパスワードを盗まれてしまうということです。

例えば、「支払期限がある支払いをしてくるのを忘れてたけど、今なら間に合うからネットバンクで振込手続きしちゃおう!」と海外旅行中に気が付いて期限に間に合った嬉しさいっぱいでネットバンクにログインすると、そこで入力したパスワードを簡単に盗まれてしまうということです。フリーwifi怖いwww。

そうなんです。フリーwifiに繋いでインターネットに接続する時は、暗証番号入力は厳禁です。フリーwifi通信の一番の弱点はセキュリティーが弱いところですので、アマゾンや楽天などでのネットショッピングやネットバンクへのログインは絶対にしないようにしましょう。もし、何かしら暗証番号を入力してログインする必要がある場合や、PC(パソコン)を使用する場合は、日本からwifiルーターをレンタルして持っていきましょう。

まとめ

1.海外旅行中にラインやフェイスブックなどのSNSアプリを利用する場合は、ホテルのwifiや街中のフリーwifiを利用することができる。

2.ツアー旅行なら、万が一のことがあっても添乗員さんに相談できる。

3.ネットショップやネットバンクへのログインはしない。

4.PCを使用する場合や、暗証番号を使ってログインする必要がある場合は、日本からwifiルーターをレンタルして持っていく。

良い旅を♪